Yahoo!セキュリティセンター
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得

【ご利用中のお客様へ重要なお知らせ】
誠に勝手ながら、2014年12月31日をもちまして「Internet SagiWall」は提供を終了させていただきます。
くわしくはこちらをご覧ください。
Internet SagiWallの使い方に関するお問い合わせは、BBソフトサービス株式会社のお問い合わせフォーム(外部サイト)からお願いいたします。

トップ > Internet SagiWall > ご利用手続き

ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺からあなたを守ります Internet SagiWall

「Internet SagiWall」利用規約

BBソフトサービス会員規約
BBソフトサービス株式会社

第1章 総則

第1条(規約の適用)
1.BBソフトサービス株式会社(以下「当社」といいます。)は、「BBソフトサービス会員規約」(以下「本規約」といいます。)に従い、「BBソフトサービス」(後記第2条第1号に定義し、以下「本サービス」といいます。)を会員に対して提供します。
2.本規約は個別サービスを提供するにあたり共通する基本的事項を定めるもので、当社は、本規約に加え別途個別規定を定めるものとします。
3.本規約と個別規定との間に齟齬が生じた場合には個別規定が本規約に優先して適用されるものとします。
4.当社は、当社所定の方法により会員に通知することにより本規約および個別規定を変更することがあります。その場合には、本サービスの提供条件は変更後の規定によるものとします。

第2条(定義)
 本規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。
(1)「BBソフトサービス」とは、ストリーミング、ダウンロード等の技術を利用したソフトウェアのオンライン提供サービスおよび付帯サービスをいいます。
(2)「個別サービス」とは、個別のソフトウェアまたはサービス毎に提供される本サービスをいいます。
(3)「個別規定」とは、個別サービスの利用条件として当社が定める規約をいいます。なお、当社は個別規定の条項を追加したり、特約等の条件を別途定めたりすることがあり、それらの特約条件は個別規定の一部を構成するものとします。
(4)「本規約等」とは、本規約および個別規定の総称をいいます。
(5)「利用契約」とは、本サービスを利用するための本規約等に基づく契約をいいます。
(6)「申込者」とは、当社に利用契約の申込をした者をいいます。
(7)「会員」とは、申込者のうち、当社との間で利用契約が成立した者をいいます。
(8)「ID」とは、本サービスを利用する権限を有する者であることを識別するための符号をいいます。
(9)「パスワード」とは、本サービスを利用する権限を有することの認証を受ける際、IDとともに入力する符号をいいます。
(10)「ベンダー」とは、当社に対し、当社が本サービスを会員に対し提供するために必要なソフトウェアを提供する事業者をいいます。
(11)「消費税等相当額」とは、消費税法(昭和63年法律第108号)の規定に基づき課税される消費税および地方税法(昭和25年法律第226号)の規定に基づき課税される地方消費税の額に相当する額をいいます。
(12)「利用料金等」とは、本サービスの利用料金、その他本規約等に基づき当社が会員に対して有する一切の債権(但し、割増金および延滞利息を除きます。)、ならびにこれらに対する消費税等相当額の総称をいいます。

第2章 利用契約

第3条(利用契約の申込)
 本サービスの利用契約の申込は、あらかじめ本規約等に同意のうえ、当社が定める方法により、当社に対して行うものとします。

第4条(利用契約の成立)
1.利用契約の成立は個別規定に定めるとおりとします。
2.当社は、次の各号の一に該当する場合には、利用契約の申込を承諾しないことがあります。
(1)当社所定の申込条件が満たされていないとき
(2)本サービスを提供することが技術上その他の理由により困難なとき
(3)利用契約申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記載漏れがあったとき
(4)申込者が当社に対する債務の弁済を遅延しているとき、または遅延するおそれがあるとき
(5)申込者が過去に当社から不正利用などにより利用契約もしくは当社が提供する他のサービスの利用契約を解除され、または本サービスもしくは当社が提供する他のサービスの提供を停止されていたとき
(6)申込者が未成年者等行為能力のない者であって、会員契約の申込にあたり法定代理人等の同意を得ていないとき
(7)クレジットカードによる料金等の支払方法を選択した申込者が、指定したクレジットカードの名義人と異なるとき
(8)クレジットカードによる料金等の支払方法を選択した申込者が、指定したクレジットカードを発行したクレジットカード会社からクレジットカード利用契約の解除、その他の理由によりクレジットカードの利用を認められていないとき
(9)利用契約の申込を承諾することが、技術上または当社の業務の遂行上著しい支障があると当社が判断したとき
(10)その他個別規定に定めるとき、または当社が適当でないと判断したとき

第5条(IDおよびパスワード)
1.会員は、申込時に当社所定の手続きにより初期設定のためのパスワードを申請するものとします。当社は、会員より申請のあったパスワードを審査・登録し、会員に対してIDとともにパスワードを付与します。但し、会員が本サービスを利用するにあたり、当社所定の第三者が管理するIDおよびパスワードを利用する場合においては、本条に関わらず、当該第三者の定める規約等に従い、IDおよびパスワードを利用するものとします。
2.会員は、IDおよびパスワードの管理について一切の責任を負うものとし、第三者に開示、漏洩、譲渡、担保供与せず、またこれを利用させてはならないものとします。会員は、パスワードを適宜変更して、パスワードの保護に努めるものとします。
3.IDおよびパスワードを用いて本サービスの利用が開始された場合、その後ログアウトまでの一連の本サービスの利用については、IDおよびパスワードが付与された会員自身の正当な権限をもって行われているものとみなし、会員はその利用に係る利用料金等を負担するものとします。また、当社は、IDおよびパスワードの誤利用や第三者の使用による損害の責任を負いません。
4.当社は、会員のIDおよびパスワードが第三者により利用されたことにより生じる損害について、会員の故意、過失の有無にかかわらず、当社に故意又は重過失がある場合を除き、一切責任を負わないものとし、会員は自己のIDおよびパスワードの利用にかかる利用料金等を負担するものとします。

第3章 サービスの提供

第6条(本サービスの提供範囲)
1.当社は、会員に対し、本規約等に定めるところに従い本サービスを提供します。
2.本サービスの種類、品目および種別は、当社が別に定める通りとします。

第7条(本サービスの提供区域)
当社による本サービスの提供区域は、日本国内に限定されます。日本国外において本サービスが利用できる場合であっても、当社が日本国外で本サービスの提供をするものと解釈されるものではありません。

第8条(本サービスの変更、追加または廃止)
1.当社は、本サービスの全部または一部をいつでも変更、追加または廃止することができるものとします。
2.当社は、前項による本サービスの全部または一部の変更、追加または廃止につき、何ら責任を負わないものとします。

第4章 利用料金等

第9条(利用料金等)
本サービスの利用料金等は、個別規定に定めるところによるものとします。

第10条(支払方法等)
1.会員は、当社の定める方法により利用料金等を支払うものとします。なお、利用料金等については、当社は当社の定める第三者にその回収業務を委託することができるものとします。その場合、会員は当該第三者の定める方法に従い利用料金等を支払うものとします。
2.当社は、本規約等において明示的に定める場合を除き、いかなる理由があっても受領した利用料金等を返還する義務を負いません。
3.当社が別段に定めた場合を除き、割増金および延滞利息の支払いについても前各項の規定が適用されるものとします。

第11条(割増金)
会員は、利用料金等の支払いを不法に免れた場合は、その免れた額に加えて、その免れた額(消費税等相当額を加算しない額とします。)の2倍に相当する額に消費税等相当額を加算した額を割増金として当社が定める方法により支払うものとします。

第12条(延滞利息)
会員は、利用料金等または前条に定める割増金その他利用契約に基づき当社に対して負担する債務を支払期日が経過しても支払わない場合には、未払金の支払期日の翌日から実際の支払日の前日までの日数について、未払金額に年14.6%の割合を乗じた金額を延滞利息として当社が定める方法により支払うものとします。

第13条(端数処理)
当社は、利用料金等、割増金、延滞利息その他の計算において、その計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てるものとします。

第5章 会員の責務等

第14条(サービス利用環境の維持)
1.会員は、本サービスを利用するために必要な機器、設備および通信回線等を自己の責任をもって管理し、電気通信サービスその他本サービスを利用するために必要な他のサービスの利用を継続する等、本サービスを利用するために必要な利用環境を自己の責任をもって維持するものとします。
2.前項に定める利用環境が維持されなかったために会員が本サービスを利用できなかった場合であっても、当社は一切責めを負わず、また本サービスの利用料金等の減額・返還等には応じません。
3.会員は、本サービスを利用することができなくなったときは、その旨を当社に通知するものとします。

第15条(禁止事項)
1.会員は本サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
(1)本サービスを営利目的の為に利用する行為、又は本サービスを利用した営業行為
(2)他の会員のIDおよびパスワードを不正に入手し、もしくは不正に利用する行為
(3)他者もしくは当社の著作権、その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。他者もしくは当社の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(4)他者もしくは当社に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為。他者もしくは当社を誹謗中傷する行為
(5)公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為、または公序良俗に反する情報を他者に提供する行為。犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
(6)本規約等で認められる場合を除き、第三者のディレクトリ、あるいは本サービスの利用に関する情報の全部または一部を、使用し、ダウンロードその他の方法によりコピーし、または、第三者に有償無償を問わず提供する行為
(7)パスワードの探知、ハッキングまたはその他の手段により、本サービスの提供するウェブサイト、他のアカウント、本サービスを提供するためのコンピュータシステムまたはネットワークへの不法アクセスを試みること。IDおよびパスワードを不正に使用する行為。当社または他社の設備に無権限でアクセスする行為
(8)日本国外において本サービスを利用する行為
(9)本サービスの運営を妨げ、またはその信用を毀損する行為。
(10)その他、法令に違反する、または違反するおそれのある行為
(11)その他、個別規定に定める行為、または当社が不適切と判断する行為
2.会員は、本サービスの利用およびその結果につき一切の責任を負うものとします。万一、会員による本サービスの利用に関連しまたは起因して、他の会員または第三者から当社に対して何らかの請求、訴訟その他の紛争が生じた場合、当該会員は、自己の費用と責任において当該紛争を解決し、当社に経済的負担が生じた場合にはこれを賠償するものとします。
3.本サービスにおいて提供される情報に当該情報の提供元が定める規約等が付加されている場合、会員は、当該情報の利用にあたり当該規約等も遵守するものとします。
4.当社は、何人に対しても、本条第1項に定める会員の行為が行われないよう監視し、またはこれを阻止する等の義務を負わないものとします。

第6章 本サービスの停止等

第16条(本サービスの停止・廃止等)
1.当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、何ら責任を負うことなく、本サービスの全部または一部の提供を一時的に停止することができるものとします。この場合、当社は、あらかじめその旨を当社の定める方法にて会員に通知します。但し、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
(1)本サービスを提供するために必要な当社の設備、機器、システム等の保守上もしくは工事上やむを得ない場合、またはこれらに障害が生じた場合
(2)天災、事変、その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、本サービスの提供ができなくなった場合
(3)前各号の他、当社が営業上または技術上やむを得ないと判断した場合
2.当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、何ら責任を負うことなく、本サービスの全部または一部を廃止することができるものとします。この場合、廃止された本サービスに係る利用契約は、廃止の時点をもって当然に終了するものとします。
(1)本サービスを提供するために必要な当社の設備、機器、システム等の全部もしくは一部が滅失または復旧困難な程度に破損もしくは故障した場合
(2)前号の他、当社が営業上または技術上やむを得ないと判断した場合
3.本条第1項に基づき本サービスの提供が停止された場合であっても、会員は当該停止期間に係る利用料金等の支払義務を免れないものとします。

第17条(会員側事由による本サービスの提供停止)
1.当社は、次の各号のいずれかに該当する事由が発生した場合は、あらかじめ会員に通知のうえ、本サービスの提供を停止できるものとします。但し、緊急やむを得ない場合は、当社は通知を行わずに本サービスの提供を停止できるものとします。
(1)利用契約の申込、または本サービスに関連して会員から当社になされた届出もしくは通知に虚偽の存することが判明したとき
(2)会員が支払期日を経過しても利用料金等を支払わないとき(利用料金等の権利譲渡が行われたときは、譲受人に対する不払いも含みます。)
(3)会員が本規約等の規定に違反したとき
(4)会員が、当社が提供する他のサービスを利用している場合において、当該サービスの提供停止事由が発生し、または提供を停止されたとき
(5)会員が本サービスに関する当社の業務の遂行または当社のシステム等に過大な負荷を生じさせ、もしくは著しい障害を及ぼし、またはこれらのおそれがある行為をしたとき
(6)その他この規約上の重大な義務に違反したときまたはそのおそれがある場合
2.前項の規定にかかわらず、当社は何人に対しても、会員に対する本サービスの提供停止義務を負うものではありません。
3.会員が複数の利用契約を締結している場合において、当該利用契約のうちのいずれかについて本条第1項各号に定める事由のいずれかに該当したときは、当社は、当該会員が締結している他の全ての利用契約に基づく本サービスの提供も停止することができるものとします。
4.本条に基づき本サービスの提供が停止された場合であっても、会員は当該停止期間に係る利用料金等の支払義務を免れないものとします。また、当社は、本条に基づく本サービスの提供停止により会員に発生した損害について、一切責任を負わないものとします。

第18条(責任の制限)
1.当社が会員に対して負う損害賠償の範囲は、会員に現実に発生した通常損害の範囲に限られるものとし、かつその総額は、会員が本サービスを全く利用できない状態にあった時間に相当する利用料金相当額を上限とします。当社は、いかなる場合においても、かかる額を超えて損害賠償義務を負わないものとします。
2.ベンダーの責めに帰すべき理由により本サービスの提供ができなかった場合には、ベンダーが責任を負担し、当社は一切の責任を負いません。但し、当社がベンダーから損害賠償金を受領した場合には、当社は、当該受領額を、ベンダーの責めにより本サービスの利用ができなかった全会員に対する損害賠償額の上限として、前二項に従って損害賠償請求に応じるものとします。

第19条(免責)
1.当社は、会員が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性その他いかなる事項に関する保証も行わず、かかる情報等に起因して生じた損害について責めを負わないものとします。
2.当社は、本規約等の他の条項にかかわらず、天災、事変、原因不明のネットワーク障害その他の不可抗力により生じた損害、当社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益および間接損害については、一切の賠償責任を負わないものとします。
3.当社は、本規約等の変更により会員が有する設備の改造または変更等を要することとなった場合であっても、その費用を負担しないものとします。
4.当社は、前条および本規約等に明示的に定める場合を除き、会員に対して一切の損害賠償責任および利用料金等の減額・返還の義務を負わないものとします。

第7章 利用契約の終了

第20条(会員が行う利用契約の解約)
1.会員は、利用契約を解約しようとするときは、当社所定の方法に従い、当社に通知するものとします。
2.前項の通知に係る利用契約は、本規約等に別段の明示がある場合を除き、当該通知が当社に到達した時点をもって終了するものとします。

第21条(当社が行う利用契約の解除)
1.当社は、第17条第1項に基づき本サービスの提供停止を受けた会員が当社から催告を受けたにもかかわらず、相当期間内に同項各号所定の事由が解消されない場合には、会員に通知することにより、利用契約を解除できるものとします。
2.当社は、次の各号のいずれかに該当する事由が発生した場合には、何らの催告なしに利用契約を即時解除できるものとします。
(1)利用契約成立後に、第4条第2項各号に該当する事由その他当社が利用契約の締結を拒否すべき事由の存在が判明した場合
(2)会員が第17条第1項各号所定の行為を行い当社の業務の遂行に支障をきたすと当社が判断した場合
(3)本規約等に違反し、もしくは会員の責めに帰すべき事由により当社もしくは第三者に損害を与えた場合、または利用料金等の支払を怠った場合
(4)会員に対する差押もしくは仮差押の申立てがなされた場合、または会員が強制執行もしくは滞納処分を受けた場合
(5)破産または民事再生など法的倒産手続の申立てがあった場合
(6)会員が死亡したことを当社が知った場合
(7)会員が当社の提供する他のサービスにおいて当該サービス利用に関する利用契約違反を行った場合
3.会員が複数の利用契約を締結している場合において、当該利用契約のうちのいずれかについて本条第1項または第2項に定める解除事由が発生したときは、当社は、会員が締結している全ての利用契約を解除できるものとします。また、会員が当社から他のサービスの提供を受けている場合において、当該サービスの利用契約の解除事由が発生したときは、当社は、本サービスの利用契約も解除できるものとします。
4.利用契約が解除された場合、会員は、当社に対して負担する一切の債務につき当然に期限の利益を喪失し、未払債務の全額を直ちに当社に支払うものとします。

第22条(契約終了時と取り扱い)
1.利用契約の終了時点で存在する会員の一切の債務については、利用契約終了後においても、その債務が履行されるまで消滅しないものとします。
2.事由の如何を問わず、利用契約が終了した場合には、利用契約終了月の末日までの利用料金をお支払いいただくものとします。

第8章 雑 則

第23条(第三者への委託)
当社は、本規約等に基づく当社の業務の全部または一部を第三者に委託して行わせることができるものとします。

第24条(著作権等)
1.本サービスに関して当社が会員に提供する情報(データ、ソフトウェア、映像、画像、音声、文章、プログラム等を含み、以下本条において同じとします。)に関する著作権その他一切の権利は、当社または当社に対して当該情報を提供した第三者に帰属し、会員には帰属するものではないことをあらかじめ了承するものとします。
2.会員は、情報を自己の私的使用の目的にのみ使用するものとし、当社または当該情報に関し正当な権利を有する者の事前の承諾なしに、私的使用の範囲を超える目的で複製し、出版し、放送し、ホームページへの掲載その他公衆送信をし、他者への転送をし、または商業利用するなどの行為を行ってはならず、かつ第三者をして行わせてはならないものとします。

第25条(権利の譲渡等)
1.会員は、利用契約および利用契約上の地位またはこれらに基づく権利義務の全部または一部について、譲渡、貸与または質入等の担保設定その他一切の処分を行ってはならないものとします。
2.当社は、会員に対する何らの通知を行うことなく、利用契約および利用契約に基づく当社の地位または利用契約に基づき会員に対して有する権利義務の全部または一部を金融機関その他の第三者に対して譲渡または信託し、もしくは担保権を設定する場合があります。会員はあらかじめこれを異議なく承諾するものとします。

第26条(個人情報等の保護)
当社は、会員および申込者の個人情報の収集、利用、提供および公表等にあたり、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年5月30日法律第57号)、および「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項」(JISQ15001)の遵守徹底を図り、当社の「個人情報保護のための行動指針」に従い適切に実施します。

「個人情報保護のための行動指針」(第7項のみ抜粋)
1.当社は、個人情報の収集、利用、提供および公表等にあたっては、事業の内容および規模を考慮した上で、適切に実施します。
(1) 当該個人情報の利用目的
①お客様からのお問い合わせへの対応、当社サービスの利用に関する手続きのご案内や情報の提供等のお客様サポート
②課金計算
③料金請求
④マーケティング調査および分析
⑤当社および他社の商品、サービスおよびキャンペーンのご案内等
⑧その他、当社サービスの提供に必要な業務
尚、上記以外の目的で当該個人情報を利用させていただく場合は、その都度、その利用目的を明確にし、お客様から事前の同意をいただきます。
(2) 共同利用
個人情報を以下の内容で共同利用します。
a. 当社と共同利用する者
①ソフトバンクBB株式会社
 ②ソフトバンクBB株式会社のグループ会社
b.共同利用する個人情報
氏名、住所、電話番号、E-Mailアドレス、カスタマーID等、お申込時ならびにサービス提供中に、当社がお客様に関して取得する全ての個人情報
c.共同利用の目的
①お客様からのお問い合わせへの対応、共同利用者のサービスの利用に関する手続きのご案内や情報の提供等のお客様サポート
②課金計算
③料金請求
④マーケティング調査および分析
⑤当社および他社の商品、サービスおよびキャンペーンのご案内等
d.共同利用される個人情報保護管理責任者
当社の情報セキュリティ管理責任者 
2.当社社員の個人情報を収集する場合の利用目的は、収集の都度、利用目的を明確にします。
3.当社取引先などのお客様以外の個人情報を収集する場合の利用目的は、収集の都度、利用目的を明確にします。
4.当社がお客様より取得した個人情報の利用目的の通知または開示若しくは訂正等をご本人様から求められた場合につきましては、書面にて回答します(ただし、ご本人様の同意を得られた場合は、当該方法で回答します)。尚、当該回答をする際、実費を勘案した合理的な範囲内の手数料を頂戴する場合があります。
5.ご本人様による、当社がお客様より取得した個人情報の開示若しくは訂正等に関するお問合せ、および当該個人情報の取扱いに関する苦情のお申出は下記の連絡先までお願いします。
E‐Mail:bbss-privacy@bbss.co.jp

第27条(通知・連絡等)
1.当社は、電子メールによる送信、ホームページへの掲載、その他当社が適当であると判断する方法により、会員に随時必要な事項の通知・連絡等を行うものとします。また、会員は当社に対する問い合わせについて原則として電子メールで行うものとします。
2.当社がホームページへの掲載により会員に通知・連絡等を行う場合には、当該通知・連絡等を掲載してから24時間を経過したときに、その他の手段による通知・連絡等を行う場合には、当該通知・連絡等が会員に到達したときに、効力を生じるものとします。
3.会員が連絡先の変更等を怠ったために当社からの通知・連絡等が遅延または不着となった場合、通常到達すべき時に到達したものとみなします。

第28条(変更の届出等)
1.会員は、利用契約の申込時に当社に届け出た内容に変更があった場合には、すみやかに変更内容を当社所定の方法により当社に届け出るものとします。変更を届け出た事項につき更に変更があったときも同様とします。
2.当社は、当社の裁量により必要と判断した場合には、前項に定める変更内容を証する書類の提示を求めることができるものとします。
3.本条に定める変更の届出等が行われなかったことにより会員に生じた不利益は全て会員の負担とし、かかる事由により当社に損害が生じた場合には、会員はこれを賠償するものとします。

第29条(承諾の限界)
当社は、会員から本サービスの保守、サポートその他の請求があった場合に、その請求を承諾することが技術的に困難である等当社の業務の遂行上支障があるときは、その請求を承諾しないことがあります。会員は、あらかじめ異議なくこれを承諾するものとします。

第30条(準拠法)
利用契約に関する準拠法は、全て日本国の法令が適用されるものとします。

第31条(合意管轄)
本規約等、利用契約または本サービスに関する一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(2006年7月1日制定実施)



オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス個別規定
BBソフトサービス株式会社

第1章 総則

第1条(規約の適用)
1.BBソフトサービス株式会社(以下「当社」といいます。)は、「BBソフトサービス会員規約」(以下「基本規約」といいます。)および「オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス個別規定」(以下「本個別規定」といいます。)に基づき、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスを会員に対して提供します。
2.本個別規定は、基本規約第2条(3)に定める個別規定としてオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用条件を定めるものとします。
3.本個別規定に定める内容と使用許諾契約との間に齟齬が生じた場合、本個別規定に定める内容が優先して適用されるものとします。

第2条(定義)
 本個別規定において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。なお、本個別規定に特段の定めのないものについては、基本規約に定めるとおりとします。
(1)「オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス」とは、本ソフトウェアのダウンロードによる提供サービスおよびサポートサービスをいいます。
(2)「本ソフトウェア」とは、当社が提供および使用許諾するセキュリティ対策用ソフトウェア(最新プログラムモジュールを含みます。)をいいます。
(3)「オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約」とは、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスを利用するための本個別規定に基づく契約をいいます。
(4)「オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員」とは、当社とオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約を締結し、これを利用するものをいいます。
(5)「使用許諾契約」とは、当社が定める当社とオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員間で締結される本ソフトウェアの使用許諾契約をいいます。
(6)「シリアル番号」とは、当社がオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員に発行するオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用に必要な文字列データをいいます。
(7)「オンライン登録」とは、本ソフトウェアのダウンロード後、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用に必要な各種ファイルのダウンロード機能等を使用するための登録をいいます。


第2章 利用契約

第3条(オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス)
1.当社はオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスを日本国内においてのみ提供します。
2.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスには、次のサービス種類があります。
  (1)オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス Internet SagiWallI
3.申込者は、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの申込において、前項に定めるに定めるサービスを申し込むことができます。また、1つのサービス種類につき利用できるライセンス数は最大1個までとし、1ライセンスあたりコンピュータ1台のみの利用とします。
4.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスにおいて動作環境など利用上の詳細条件については、当社はサービス種類に応じて別途申込者およびオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員に対して提示するものとします。

第4条(利用契約の申込・成立)
1.申込者は、基本規約第3条に従いオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの申込を行い、使用許諾契約に同意の上、登録を行うものとします。
2.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約は、前項の申込者の申込に対し当社が承諾したときに成立します。
3.当社は、申込者に本規約等または使用許諾契約に反する事由がある場合、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの申込が適当でないと当社が判断する場合等の事由が存する場合には、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの申込を承諾しない場合があります。

第5条(サポート等)
当社は、当社が別途定める条件および方法に従い、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用に関して必要なサポートをオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員に対し提供します。

第6条(PIN番号の発行)
1.当社は、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員に1ライセンスあたり1個のPIN番号を発行し、電子メール等当社所定の方法にてオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員に対し通知するものとします。
2.PIN番号の発行後は、PIN番号の管理・保管はオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員の責任および費用で行うものとし、当該オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員以外の第三者に利用させる行為の他、譲渡、貸与、または質入等の担保権の設定その他一切の処分を行ってはならないものとします。
3.第三者が、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員のPIN番号を使用してオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスを利用した場合の責任は、全て当該PIN番号を保有するオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員の責任とみなされるものとします。


第3章 利用料金等

第7条(利用料金)
1.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員は、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用料金を、ライセンス数に応じて別途当社が定める料金表および支払方法に従い、当社に毎月支払うものとします。
2.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの課金開始日は、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約の成立した日とします。
3.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの課金開始月および終了月の利用料金は、原則として月額利用料金をお支払いいただくものとし、日割課金は行わないものとします。


第4章 責任

第8条(禁止事項)
オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員は、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。
(1)オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスを自己使用以外の商用その他不正の目的をもって利用すること
(2)リバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブル、修正、翻訳、その他改造行為
(3)オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスまたは接続しているサーバーもしくはネットワークを妨害したり混乱させたりすること
(4)シリアル番号を不正に使用しまたは使用させること
(5)使用許諾契約において定める禁止行為

第9条(損害賠償)
1.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員が、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用に関してオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員の責に帰すべき事由により当社に損害を与えた場合、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員は当社が被った損害を賠償するものとします。
2.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員がオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用に関して第三者に損害を与えた場合、または第三者と紛争を生じた場合、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員は、自己の責任と費用でこれを解決し、当社にいかなる責任も負担させないものとします。万一、当社が他のオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員や第三者から責任を追求された場合は、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員はその責任と費用において当該紛争を解決するものとします。

第10条(保証・責任の制限)
1.当社は、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスおよび本ソフトウェアの内容について、その完全性、正確性、確実性、有用性等につき、いかなる保証も行わないものとします。
2.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスは利用者のコンピュータを保護するために常に通信を監視するサービスであることに鑑み、利用者の通信速度の低下等が発生する場合があることにつき、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員はあらかじめ了承するものとします。
3.本ソフトウェアのダウンロードおよびインストールはオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員が自己の責任および費用で行うものとし、当社はその完全性や正確性等につき、いかなる保証も行わないものとします。
4.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員は、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスを本規約等に従い、自己の判断と責任で利用するものとします。
5.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの提供にあたり、当社の責めに帰すべき事由によりオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員に損害が生じた場合には、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員が当該損害の生じる直前の1年間に本個別規定第7条に基づいて当社に支払ったオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用料金の合計額を限度とし、かつ直接損害に限り賠償いたします(すなわち逸失利益、結果損害その他の間接損害は、一切賠償の対象とはなりません)。
6.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスを提供する機器の故障、トラブル、停電、通信回線の異常ならびにシステム障害等の当社の予想を超えた不可抗力によりオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員情報その他オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員に関するデータが消失、紛失、遅延等することがあります。当社は、当社に故意または重過失がある場合を除いて、かかる事態の発生によりオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員情報その他オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員に関するデータが消失、紛失、遅延等した場合、これにより発生した損害につき一切責任を負わないものとします。
7.利用者が、基本規約第16条または本個別規定第8条に定める禁止事項に違反することにより発生した損害については、当社は一切責任を負わないものとします。


第5章 オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの中止・変更等

第11条(オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの中止・停止等)
1.当社は、以下のいずれかの事態が発生した場合には、オンラインセキュリティサービス会員に事前に通知を行うことにより、または緊急を要するときは通知を行うことなく、オンラインセキュリティサービスの全部または一部を中止または停止できるものとします。
(1)当社またはセキュアブレインのサーバー等の設備、その他オンラインセキュリティサービスを提供するために必要なシステムの保守点検・更新を定期的または緊急に行う場合
(2)火災、停電、天災、労働争議、戦争、テロ、暴動その他不可抗力または第三者による妨害等その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがありオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの提供が困難な場合
(3)電気通信事業者の役務が提供されない場合
(4)その他、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの運用上あるいは技術上の理由により、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの中止または停止が必要ないし適切と当社が判断した場合
2.前項に従い、当社がオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの中止または停止を行った場合、当社はオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員その他の第三者に対して、損害賠償等いかなる責任も負担しないものとします。


第6章 利用契約の終了

第12条(当社による解除)
当社は、以下の場合、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員に何らの催告をすることなくオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約を即時解除できるものとします。なお、この場合、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員が複数のオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約を締結している場合には、当社は当該利用契約についても同様に解除することができるものとします。
(1)オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員が本規約等または使用許諾契約に反する行為をし、または違反状態に至ったとき
(2)オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスその他当社が提供するサービスについて、当社に対する利用料金等の支払いを怠ったとき
(3)その他当社がオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員によるオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスの利用の継続が不適当と判断するとき

第13条(利用契約終了後の措置)
1.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員は、オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約が終了した場合には、当該オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約に係る本ソフトウェアをオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員のコンピュータからアンインストールするとともに、当該オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約に係る本ソフトウェアの複製物等を全て破棄するものとし、以後一切利用してはならないものとします。
2.オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス会員は、全てのオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービス利用契約が終了した場合には、PIN番号を破棄するものとし、以後一切利用してはならないものとします。

第7章 雑則

第14条(権利の帰属)
オンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスおよびオンラインセキュリティ Internet SagiWallサービスに付随して作成される資料等に関する著作権、特許権、商標権、意匠、ノウハウ等の知的財産権およびその他一切の権利は、当社またはセキュアブレインに帰属します。


(2011年12月16日制定実施)



オンラインセキュリティサービス個別規定
BBソフトサービス株式会社

第1章 総則

第1条(規約の適用)
1.BBソフトサービス株式会社(以下「当社」といいます。)は、「BBソフトサービス会員規約」(以下「基本規約」といいます。)および「オンラインセキュリティサービス個別規定」(以下「本個別規定」といいます。)に基づき、オンラインセキュリティサービスを会員に対して提供します。
2.本個別規定は、基本規約第2条(3)に定める個別規定としてオンラインセキュリティサービスの利用条件を定めるものとします。
3.本個別規定に定める内容と使用許諾契約との間に齟齬が生じた場合、本個別規定に定める内容が優先して適用されるものとします。

第2条(定義)
 本個別規定において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。なお、本個別規定に特段の定めのないものについては、基本規約に定めるとおりとします。
(1)「オンラインセキュリティサービス」とは、本ソフトウェアのダウンロードによる提供サービスおよびサポートサービスをいいます。
(2)「本ソフトウェア」とは、株式会社シマンテック(以下「シマンテック」といいます。)が提供および使用許諾するセキュリティ対策用ソフトウェア(最新プログラムモジュールを含みます。)をいいます。
(3)「オンラインセキュリティサービス利用契約」とは、オンラインセキュリティサービスを利用するための本個別規定に基づく契約をいいます。
(4)「オンラインセキュリティサービス会員」とは、当社とオンラインセキュリティサービス利用契約を締結し、これを利用するものをいいます。
(5)「使用許諾契約」とは、シマンテックが定めるシマンテックとオンラインセキュリティサービス会員間で締結される本ソフトウェアの使用許諾契約をいいます。
(6)「PIN番号」とは、当社がオンラインセキュリティサービス会員に発行するオンラインセキュリティサービスの利用に必要な文字列データをいいます。
(7)「オンライン登録」とは、本ソフトウェアのダウンロード後、オンラインセキュリティサービスの利用に必要な各種ファイルのダウンロード機能等を使用するための登録をいいます。


第2章 利用契約

第3条(オンラインセキュリティサービス)
1.当社はオンラインセキュリティサービスを日本国内においてのみ提供します。
2.オンラインセキュリティサービスには、次の2つのサービス種類があります。
  (1)オンラインセキュリティサービス Norton Internet Security Online
  (2)オンラインセキュリティサービス Norton AntiVirus Online
3.申込者は、オンラインセキュリティサービスの申込において、前項に定めるに定める2つのサービスのいずれかまたは両方を申し込むことができます。また、1つのサービス種類につき利用できるライセンス数は最大10個までとし、1ライセンスあたりコンピュータ1台のみの利用とします。
4.オンラインセキュリティサービスにおいて動作環境など利用上の詳細条件については、当社はサービス種類に応じて別途申込者およびオンラインセキュリティサービス会員に対して提示するものとします。

第4条(利用契約の申込・成立)
1.申込者は、基本規約第3条に従いオンラインセキュリティサービスの申込を行い、使用許諾契約に同意の上、登録を行うものとします。
2.オンラインセキュリティサービス利用契約は、前項の申込者の申込に対し当社が承諾したときに成立します。
3.当社は、申込者に本規約等または使用許諾契約に反する事由がある場合、オンラインセキュリティサービスの申込が適当でないと当社が判断する場合等の事由が存する場合には、オンラインセキュリティサービスの申込を承諾しない場合があります。

第5条(サポート等)
当社は、当社が別途定める条件および方法に従い、オンラインセキュリティサービスの利用に関して必要なサポートをオンラインセキュリティサービス会員に対し提供します。

第6条(PIN番号の発行)
1.当社は、オンラインセキュリティサービス会員に1ライセンスあたり1個のPIN番号を発行し、電子メール等当社所定の方法にてオンラインセキュリティサービス会員に対し通知するものとします。
2.PIN番号の発行後は、PIN番号の管理・保管はオンラインセキュリティサービス会員の責任および費用で行うものとし、当該オンラインセキュリティサービス会員以外の第三者に利用させる行為の他、譲渡、貸与、または質入等の担保権の設定その他一切の処分を行ってはならないものとします。
3.第三者が、オンラインセキュリティサービス会員のPIN番号を使用してオンラインセキュリティサービスを利用した場合の責任は、全て当該PIN番号を保有するオンラインセキュリティサービス会員の責任とみなされるものとします。


第3章 利用料金等

第7条(利用料金)
1.オンラインセキュリティサービス会員は、オンラインセキュリティサービスの利用料金を、ライセンス数に応じて別途当社が定める料金表および支払方法に従い、当社に毎月支払うものとします。
2.オンラインセキュリティサービスの課金開始日は、オンラインセキュリティサービス利用契約の成立した日とします。
3.オンラインセキュリティサービスの課金開始月および終了月の利用料金は、原則として月額利用料金をお支払いいただくものとし、日割課金は行わないものとします。


第4章 責任

第8条(禁止事項)
オンラインセキュリティサービス会員は、オンラインセキュリティサービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。
(1)オンラインセキュリティサービスを自己使用以外の商用その他不正の目的をもって利用すること
(2)リバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブル、修正、翻訳、その他改造行為
(3)オンラインセキュリティサービスまたは接続しているサーバーもしくはネットワークを妨害したり混乱させたりすること
(4)PIN番号を不正に使用しまたは使用させること
(5)使用許諾契約において定める禁止行為

第9条(損害賠償)
1.オンラインセキュリティサービス会員が、オンラインセキュリティサービスの利用に関してオンラインセキュリティサービス会員の責に帰すべき事由により当社に損害を与えた場合、オンラインセキュリティサービス会員は当社が被った損害を賠償するものとします。
2.オンラインセキュリティサービス会員がオンラインセキュリティサービスの利用に関して第三者に損害を与えた場合、または第三者と紛争を生じた場合、オンラインセキュリティサービス会員は、自己の責任と費用でこれを解決し、当社にいかなる責任も負担させないものとします。万一、当社が他のオンラインセキュリティサービス会員や第三者から責任を追求された場合は、オンラインセキュリティサービス会員はその責任と費用において当該紛争を解決するものとします。

第10条(保証・責任の制限)
1.当社は、オンラインセキュリティサービスおよび本ソフトウェアの内容について、その完全性、正確性、確実性、有用性等につき、いかなる保証も行わないものとします。
2.オンラインセキュリティサービスは利用者のコンピュータを保護するために常に通信を監視するサービスであることに鑑み、利用者の通信速度の低下等が発生する場合があることにつき、オンラインセキュリティサービス会員はあらかじめ了承するものとします。
3.本ソフトウェアのダウンロードおよびインストールはオンラインセキュリティサービス会員が自己の責任および費用で行うものとし、当社はその完全性や正確性等につき、いかなる保証も行わないものとします。
4.オンラインセキュリティサービス会員は、オンラインセキュリティサービスを本規約等に従い、自己の判断と責任で利用するものとします。
5.オンラインセキュリティサービスの提供にあたり、当社の責めに帰すべき事由によりオンラインセキュリティサービス会員に損害が生じた場合には、オンラインセキュリティサービス会員が当該損害の生じる直前の1年間に本個別規定第7条に基づいて当社に支払ったオンラインセキュリティサービスの利用料金の合計額を限度とし、かつ直接損害に限り賠償いたします(すなわち逸失利益、結果損害その他の間接損害は、一切賠償の対象とはなりません)。
6.オンラインセキュリティサービスを提供する機器の故障、トラブル、停電、通信回線の異常ならびにシステム障害等の当社の予想を超えた不可抗力によりオンラインセキュリティサービス会員情報その他オンラインセキュリティサービス会員に関するデータが消失、紛失、遅延等することがあります。当社は、当社に故意または重過失がある場合を除いて、かかる事態の発生によりオンラインセキュリティサービス会員情報その他オンラインセキュリティサービス会員に関するデータが消失、紛失、遅延等した場合、これにより発生した損害につき一切責任を負わないものとします。
7.利用者が、基本規約第16条または本個別規定第8条に定める禁止事項に違反することにより発生した損害については、当社は一切責任を負わないものとします。


第5章 オンラインセキュリティサービスの中止・変更等

第11条(オンラインセキュリティサービスの中止・停止等)
1.当社は、以下のいずれかの事態が発生した場合には、オンラインセキュリティサービス会員に事前に通知を行うことにより、または緊急を要するときは通知を行うことなく、オンラインセキュリティサービスの全部または一部を中止または停止できるものとします。
(1)当社またはシマンテックのサーバー等の設備、その他オンラインセキュリティサービスを提供するために必要なシステムの保守点検・更新を定期的または緊急に行う場合
(2)火災、停電、天災、労働争議、戦争、テロ、暴動その他不可抗力または第三者による妨害等その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがありオンラインセキュリティサービスの提供が困難な場合
(3)電気通信事業者の役務が提供されない場合
(4)その他、オンラインセキュリティサービスの運用上あるいは技術上の理由により、オンラインセキュリティサービスの中止または停止が必要ないし適切と当社が判断した場合
2.前項に従い、当社がオンラインセキュリティサービスの中止または停止を行った場合、当社はオンラインセキュリティサービス会員その他の第三者に対して、損害賠償等いかなる責任も負担しないものとします。


第6章 利用契約の終了

第12条(当社による解除)
当社は、以下の場合、オンラインセキュリティサービス会員に何らの催告をすることなくオンラインセキュリティサービス利用契約を即時解除できるものとします。なお、この場合、オンラインセキュリティサービス会員が複数のオンラインセキュリティサービス利用契約を締結している場合には、当社は当該利用契約についても同様に解除することができるものとします。
(1)オンラインセキュリティサービス会員が本規約等または使用許諾契約に反する行為をし、または違反状態に至ったとき
(2)オンラインセキュリティサービスその他当社が提供するサービスについて、当社に対する利用料金等の支払いを怠ったとき
(3)その他当社がオンラインセキュリティサービス会員によるオンラインセキュリティサービスの利用の継続が不適当と判断するとき

第13条(利用契約終了後の措置)
1.オンラインセキュリティサービス会員は、オンラインセキュリティサービス利用契約が終了した場合には、当該オンラインセキュリティサービス利用契約に係る本ソフトウェアをオンラインセキュリティサービス会員のコンピュータからアンインストールするとともに、当該オンラインセキュリティサービス利用契約に係る本ソフトウェアの複製物等を全て破棄するものとし、以後一切利用してはならないものとします。
2.オンラインセキュリティサービス会員は、全てのオンラインセキュリティサービス利用契約が終了した場合には、PIN番号を破棄するものとし、以後一切利用してはならないものとします。

第7章 雑則

第14条(権利の帰属)
オンラインセキュリティサービスおよびオンラインセキュリティサービスに付随して作成される資料等に関する著作権、特許権、商標権、意匠、ノウハウ等の知的財産権およびその他一切の権利は、当社またはシマンテックに帰属します。


(2006年7月1日制定実施)

注意事項

本サービスの利用にかかる料金のお支払いがない場合や、本利用規約その他Yahoo!JAPANのサービスの利用規約(ガイドラインを含みます)に定める事項やその趣旨に違反する行為が行われたと、 Yahoo! JAPANまたはサービス提供会社が判断した場合には、 Yahoo! JAPANは、ご利用のお客様に対して事前に通知することなくただちに本サービスのご利用を停止する措置を行ったり、 Yahoo! JAPANのサービスのご利用をお断りする権利を留保するものとします。
本サービスをご利用いただくYahoo! JAPAN IDならびにYahoo!ウォレットにご登録されているお客様の情報は、以下の目的によりヤフー株式会社からBBソフトサービス株式会社へ提供する場合があります。

1.お客様からのお問い合わせへの対応、当社サービスの利用に関する手続きのご案内や情報の提供等のお客様サポート
2.課金計算
3.料金請求